関西案内人のひとりガイドブック。

関西在住の案内人が、旅やグルメなど関西の役立つ情報をご紹介。「おすすめの店ない?」と聞かれることは日常茶飯事。もはやひとりガイドブック状態です。

【ちょっと珍しくて気が利いてる】京都通が選んだおいしい京都みやげ5選

京都に関連したお仕事をしていると、よく京都のおみやげをいただきます。

その中でリピートしたいと思ったおみやげ5選を紹介します。

 

①祇園あのん の あんぽーね

 

まさに文字通り開眼した「あんぽーね」。こちら自分で作る“最中”ですが、中身はあんこと、まさかのマスカルポーネ。パッケージもかわいらしく、あんこの小瓶とマスカルポーネの小瓶に、取り分け用の小さな木のスプーンが入っています。すでにセットされている最中ではないので、最中はもちろんパリパリのサクサクッ。その食感だけでもすばらしいのに、ふっくらと炊かれたあんこと、メレンゲのように口で溶けるマスカルポーネの相性は、すごくやさしくてまろやかで、お互いが自然にまじわっていくような感覚。お店ではカフェも併設しているので、美しく盛られたプレートでも楽しめます。見た目がしっかりしているので、結婚式の引き出物とか何か特別なプレゼントとしても喜ばれそうです。

 

②パティスリーカラン の 西賀茂チーズ

 

 

こちらいただくと必ず歓声が上がるお菓子です。そのおいしさはもちろんなのですが、京都の北の外れのほうにあるお店なので、なかなか行くことができず、その希少性も歓声があがる理由のひとつです。手のひらサイズのスフレケーキで、定番のチーズのほか、抹茶やチョコもあります。ふわふわで口の中でじゅわ~っと消えていく食感がなんとも言えない幸せ感。こんなに人気なのだから京都駅あたりで気軽に買えるとうれしいんですが、この簡単には手が届かないのも、またじれったく、憧れみやげのひとつです。

 

③笹屋昌園 の わらび餅「極み」

 

わらび餅激戦区の京都ですが、私が一番感動したのはこれ。楽天のお取り寄せでは1位になったこともあるようです。わらび餅と言えばきな粉などにまみれたひと口サイズに切られたものも多いですが、このわらび餅は切ることはもはや不可能。スプーンですくう、といった表現が正しいかもしれません。とにかくトロットロ。祇園の花見小路にある「徳屋」さんのわらび餅、とても有名ですが、イメージとしてはそれが近いです。ただ、徳屋さんでは場所柄お値段も張りますが、街の外れにある笹屋昌園さんはこじんまりとした和菓子店なので安いですし、徳屋さんと同等、いやそれ以上のクオリティのわらび餅を2~3倍の量でいただけます。最近リニューアルオープンした伊勢丹のみやげフロアで新形態のお店も出したようです。

 

④辻利兵衛本店 の 宇治抹茶入り大福

 

抹茶大福といえば、お茶処の有名店では定番みやげとしてたくさん見かけます。どのお店もおいしいのでとても悩みますが、新進気鋭の辻利兵衛本店さんの大福はおいしさはもちろん、便利なんです。新進気鋭といっても茶問屋としての歴史はとても長く、最近になって宇治抹茶カフェ戦争に加入したということなのですが、茶問屋だからこそ使う抹茶は高級抹茶のみ。ぱくりと食いつくときの抹茶パウダーの香りの高さが本物だと思わせてくれます。そして辻利兵衛本店さんいいところは買えるところが多いこと。京都はもちろんですが、大阪の阪急百貨店や関西空港、伊丹空港でも販売しています。

 

嘯月(しょうげつ) の 生菓子

 

京都の生菓子で、一番おいしくて美しい。といっても過言ではありません。こちらは完全予約制で、予約時間にあわせてすべて計算されて手作りされています。少し遠いところにあるので、少々ハードルが高いため、私がいったのは祇園四条にあるカフェ・ドン バイ スフェラ。こちら北欧風のカフェでスタッフも外人さんがいるのですが、嘯月の生菓子を提供している唯一のカフェです。嘯月で買うより倍くらい高くなりますが、街中にある分ハードルが下がります。丁寧にほどこされた生菓子は芸術品そのもの。自然な甘さで嫌味がなく、スッとしたくちどけは何個でも食べられちゃいそうです。

 

 

 

さて、ほかにもまだまだおすすめしたいおみやげはありますが、やはりご紹介したこの5つは誰に贈っても喜ばれること間違いなしです。通販をしているお店もありますのでぜひチェックしてみてください。