関西案内人のひとりガイドブック。

関西在住の案内人が、旅やグルメなど関西の役立つ情報をご紹介。「おすすめの店ない?」と聞かれることは日常茶飯事。もはやひとりガイドブック状態です。

【シーズン到来!】京都観光の最大の不満「渋滞」を避けて、おとくに楽にめぐる方法。

京都は言わずと知れた日本を代表する人気観光地であります。アメリカなどの旅行雑誌で行われた人気観光地ランキングでは世界で1位を獲得するなど、京都人気は相変わらずでございます。

 

ただそんな中で、京都市の観光調査をみると、日本人観光客は減少しているのだとか。そして観光アンケートを見ると必ず上位にあがるのが・・・

 

・バスが複雑で乗りこなせない

・バスの車内が激混みで東京の通勤ラッシュ状態

・渋滞でまったくバスが動かない

 

といった交通に対する不満です。観光客だけでなくて普段、移動手段としてバスを利用する住民の方からも不満があがるほど、これは深刻な問題です。

 

私も京都に住んでいたころは移動するのにバスをよく使っていましたが、バスの混雑は本当にひどかったです。外国人観光客が増えた今、そのひどさは増してますし、外国人にとっても何が何だかわからないだろうし、この日本を代表する観光地京都がこれでいいのかと、勝手ながら心を痛めておりました。

 

さて、この渋滞を解消する方法。それはずばり、

 

マストアイテムを使って、地下鉄に乗る

 

です。

 

 

東京ほど発達はしていませんが、京都には2つの地下鉄路線があります。

 

烏丸線(南から)

竹田、くいな橋、十条、九条、京都、五条、四条、烏丸御池、丸太町、今出川、鞍馬口、北大路、北山、松ケ崎、国際会館

 

東西線(西から)

太秦天神川、西大路御池、二条、二条城前、烏丸御池、京都市役所前、三条京阪、東山、蹴上、御陵(みささぎ)、山科、東野、椥辻(なぎつじ)、小野、醍醐、石田、六地蔵

 

この2つの路線は烏丸御池で交差しており、乗り継ぎも可能です。

 

地下鉄ならばバスに比べて混雑も渋滞の心配もない、というのは想像できます。ただそれだけだと、バスほど路線が充実していない地下鉄だけでは京都観光には物足りません。

 

そんなときに持っておきたいのが、2018年3月にリニューアルをした「地下鉄・バス一日券」(900円)です。

 

こちらは、京都市営地下鉄・市バス全線、京都バス(一部路線を除く)、京阪バス(一部路線を除く)が一日乗り放題になる券です。

 

いままでは1200円と少々お高めでしたが、簡単に言うと

・バスか地下鉄に4~5回乗るならお得(バスは均一運賃区間230円、地下鉄は初乗り210円)

・大原に行く人は往復だけでもモトが取れるからお得

とかなり使える内容になりました。

 

私が京都に住んでいた昔は、「今日は〇〇に行くのに最低3回はバス乗るから一日券かっとこ」と、230円×3=690円と頭の中で計算して当時500円だったバス一日券を買っていたものです。(そのバス一日券は2018年3月より600円に値上げ)

 

その考え方はそのままに、地下鉄が加わり、使えるバスの範囲も広がるということは

、移動距離も広がりかつ移動時間も短縮できるというイイことづくしです。

 

例えば実際の例ですが、

京都駅から金閣寺に行く場合(navitime調べ)。

 

(バス)

京都駅前 → 金閣寺道

 市バス205系統で37分

 

(地下鉄+バス)

京都駅→北大路駅 + 北大路バスターミナル→金閣寺道

 地下鉄烏丸線で13分 + 市バス205系統で11分

 

実は地下鉄で北に一気にあがってからバスを使うほうが早いんです。

しかもバスのみのルートは京都駅から乗り継ぎなしで直行できるとしても、途中のバス渋滞に巻き込まれる可能性アリ。同じ205系統でも京都駅から北へ向かうのと、北大路駅から南西に下るのとでは、混雑の状況は全く違います。

 

そのほか、例えば、醍醐寺方面も地下鉄醍醐駅で降りていけますし、最近アートな社寺としても話題の随心院も地下鉄小野駅で降りていけます。

 

また河原町方面に行きたければ、地下鉄四条駅から歩いたほうが早かったり、烏丸御池駅で乗り継いで京都市役所前で降りてもおすすめです。河原町って本当にバス地獄ですよね。

 

この秋なんかは、紅葉でもっと混雑が予想されますが、例えば松ケ崎駅まで一気に北上してしまって、曼殊院とか哲学の道とか永観堂とか、南下して、最後蹴上駅に乗っちゃうというのも手です。

 

そしてこの地下鉄・バス一日券にはさまざまな施設優待もついています。社寺の入場割引もあれば、粗品プレゼントがあったり、意外とうれしい特典です。

 

地下鉄の話ばかりしてしまいましたが、もちろんバスも乗れますから、地下鉄に乗る予定はないけどバスを4回以上のるのであれば、優待がより多くついている地下鉄・バス一日券を買ったほうがお得です。

 

 

私の願いはみんながこの券を使いこなして、交通渋滞も緩和されて、観光客も住民もみんなハッピーになることですね。

 

ぜひ自分なりのルートを見つけて利用してみてください。